保育園の母体である社会福祉法人至誠学舎
至誠学舎創設者 
稲永久一郎翁
(1882〜1946)

は、故稲永久一郎翁が明治45年、神田東龍閑
町にて、 製菓事業と共に薄幸な少年達の薫育
に当たり、「誠の心」を基本理念として大正14年
少年法の制定により少年保護団体として設立し
ました。
  昭和17年、私財を寄付して財団法人とし、戦
後、 法の改定に伴い社会福祉法人として組織
を変更すると共に、その事業も福祉の分野にと
において保育所・養護施設・老人ホーム等の運
営をし各施設共その地域における福祉向上に
貢献しています。
 小百合保育園は、昭和54年10月1日に
東京都の認可を受けて開園し、
さい人の子どもがう場所”と
いうことで名付けられ、 現在定員 100名
の施設です。 生後3ヶ月から就学前のお
子さんを朝 7 時30分から夕方 7 時までの
時間の中、利用者にとって必要な時間
お預かりしています。
 平成10年度から法人分割により社会福
祉法人至誠学舎立川となり、同じ地域内
の至誠保育園と共にノンナ統括事業本部
として”地域に根ざした施設作り”を目指し
21世紀を切り開いていく子ども達にとって、
保育園がより良き人格形成の場となるよ
う、職員一同常に努めています。